持ち手の木材を、まっすぐ切る方法の紹介!【消しゴムはんこ】【マイターボックス】

はんこの小技

こんにちは。リスタンプ工房のtanakaです。

消しゴムはんこは彫ってそのままでも素敵ですが、持ち手がついているともっと「良く」なりますよね…!

 

持ち手をつけるメリット

・捺しやすい

 ・力を均等にかけやすいので、陰影が隅々までくっきり出やすい

 ・薄いはんこ、大きいはんこに特に有効

・背面に陰影を押しておくと、ぱっと見てどのはんこか分かる便利さ

 ・自分は好みとして背面には基本的におさないようにしてます

・見た目が良い

 ・これにつきる

 

のこぎり、真っ直ぐ切れるか問題

持ち手、さあ付けてみよう。持ち手になる木材は市販されてます。

 

 

しかし、「決まったサイズに合わせて消しゴムはんこをつくる」ってことばかりではないですよね。例えば1cm×5cmのはんこの持ち手がほしい時だってあります。

だったら、木材を切るしかない!

 

のこぎりで切る

普通は…のこぎりで切りますね。

 

個人的におすすめはこちら
木工用。大きさも値段も手頃で、使いやすく愛用してます。

 

でも…のこぎりでの切断はよっぽど慣れてない限り、真っ直ぐ切れない問題が…。消しゴムはんこの持ち手で必要な、割と細かいものを仕上げようとすると、やはりしっかり真っ直ぐ仕上がってほしいものです。

そこで、便利なアイテムがあるんです!

 

マイターボックスの出番

「マイターボックス」です!

マイターボックスの特徴

・ガイドのおかげで、真っ直ぐ切れる

 ・これにつきる

・このタイプだと9cm幅の木材まで切断可能

・角度をつけた切断もできる

・プラスチック製なので、本体が少しずつ削れてしまうデメリット

 ・10年近く使ってますが、ほとんど気になりません!

 ・本体が削れない、アルミ製もあるようですがサイズ小さめ
  (こちらは4cm幅の木材まで切断可能)

 

マイターボックスの使い方

1.木材に印をつける

2.ガイドにのこぎりを当てて、真っ直ぐ切る

 ・ずれないようにしっかり押さえつけるのがポイント

裏に出っ張りがあり、台などに引っ掛けると切る時に安定する

3.切った木材は、サンドペーパーで整えよう

4.完成!

いやー真っ直ぐですね!ちなみに切断面は右側です。

 

マイターボックスを使って、作った消しゴムはんこに合ったサイズの持ち手をどんどん作りましょう!!

 

今回紹介した道具はこちら

 

【はんこの小技】の人気記事

【はんこの小技】いくつか紹介しています。よかったらぜひ!

「持ち手」に色を塗る!手軽に本格的な仕上がりを約束します【消しゴムはんこ】
こんにちは。リスタンプ工房のtanakaです。持ち手に色を塗ることで、消しゴムはんこが「安っぽく見えにくい」利点があると考え、リスタンプ工房では持ち手を着色しております。着色前着色後しかし持ち手を制作するたびに、専用の...
余白をキレイに彫るには、この道具を使おう!【消しゴムはんこ】
こんにちは。リスタンプ工房のtanakaです。消しゴムはんこを彫っていると、どうしても「余白の処理」をどうするかという問題に直面します。はんこの「フチの部分」であれば、デザインナイフなりカッターナイフを平行に入れていけば、その刃...
誰でも簡単にできる、除光液転写のやりかた【消しゴムはんこ】
キレイに簡単に、消しゴムはんこへ図案を写せます※この記事は、過去に自身のブログで書いた記事を再編集したものです。※ぼくのせいとんばこ「ぼくのやっている、失敗の少ない除光液転写法」こんにちは。リスタンプ工房のtanakaです。...

コメント

  1. […] 持ち手の木材を、まっすぐ切る方法の紹介!【消しゴムはんこ】【マイターボックス】 余白をキレイに彫るには、この道具を使おう!【消しゴムはんこ】 誰でも簡単にできる、除 […]

タイトルとURLをコピーしました