深く彫りすぎて印面が取れてしまった時の、修理方法を教えます!【消しゴムはんこ】

はんこの小技
めっちゃいい感じで仕上がりそう…
うああああああっっ!!!

こんにちは。リスタンプ工房のtanakaです。

消しゴムはんこ、ナイフを深くいれすぎて、印面がポロッと…いったことはあると思います。悲しみ…。

鼻とか目とかの、小さいパーツだとよくありますね。

 

でも安心してください!!

 

そんな時の修理方法を教えます。簡単です!

※修理後は印面が元通りくっつき、普段どおり使用できるのは確認していますが、あくまでも個人の責任の下おこなってください。

準備物


・接着剤/ここでは木工用ボンド

・爪楊枝

・やってしまった消しゴムはんこ

これだけで大丈夫です。

1.ほんのちょっとのボンドでよい

2.患部(?)にそっとボンドを塗ってやる

3.爪楊枝の背の部分で、はみ出したボンドを取り除く

もう、これだけでいいんです。

きちんと乾かせば…そうですね丸一日は乾かします。

そうすれば、思ったよりもしっかりとくっつきます。

もとに戻ってよかったです

まとめ

・取れちゃった部分は、ボンドで元通り

・ボンドは爪楊枝で塗る

・はみ出したボンドは、爪楊枝の背の部分で取り除く

 

Instagramアカウント→https://www.instagram.com/restamp_factory/

中の人のTwitter→https://twitter.com/omotebito19

 

過去記事紹介

はんこの小技についての過去記事を紹介します。よかったらこちらもぜひ読んでいってください。

誰でも簡単にできる、除光液転写のやりかた【消しゴムはんこ】
キレイに簡単に、消しゴムはんこへ図案を写せます※この記事は、過去に自身のブログで書いた記事を再編集したものです。※ぼくのせいとんばこ「ぼくのやっている、失敗の少ない除光液転写法」こんにちは。リスタンプ工房のtanakaです。...
消しゴムはんこ彫ったら、このハッシュタグで投稿する
こんにちは。リスタンプ工房のtanakaです。消しゴムはんこ界隈の方々が、各種SNSにアップ時にハッシュタグを付けて投稿しているのを見かけます。ハッシュタグ、あまり意識したことがなかったな…と思い、少し調べると似たようなものがた...
「持ち手」に色を塗る!手軽に本格的な仕上がりを約束します【消しゴムはんこ】
こんにちは。リスタンプ工房のtanakaです。持ち手に色を塗ることで、消しゴムはんこが「安っぽく見えにくい」利点があると考え、リスタンプ工房では持ち手を着色しております。着色前着色後しかし持ち手を制作するたびに、専用の...

コメント

  1. […] 深く彫りすぎて印面が取れてしまった時の、修理方法を教えます!【消しゴムはんこ】 […]

タイトルとURLをコピーしました