新規開店するお店で使う、スタンプの発注を受けた話。

紅緒珈琲ロゴスタンプ1ブログ

今回、とあるSNSで繋がった、編集ライターのmiho_mayedaさん(以下、mayedaさん)からスタンプの発注がありました。なんとこの度、ちいさな飲食店を作っているとのこと。

その店で販売する、オリジナルコーヒーのアイコンとしてスリーブ(手元が熱くないようにカップにカバーするもの)に押印したい!ということでした。

紅月ロゴ

紅月 AKATSUKI

大切な時間を
美味しく楽しむ
おかずバル

5月にオープン予定。今、一所懸命オープンに向けて準備中!
リンク先の、ウェブページをご覧になった方にはきっと伝わってますよね。
オープン前から、もう既に、こう「絶対、いい場所」だってことが…!

そして、そこで出されるコーヒー。

紅緒珈琲ロゴ
「紅緒珈琲」(べにおこーひー)

mayedaさんの言葉を引用します。

赤坂に存在していた「紅緒食堂」から。この食堂を運営していた女性と私、ふたりで作る店が「紅月」です。
調理を担当してくれるのが、紅緒食堂の店主であった女性なので、珈琲は「紅緒」の冠をつけることにしました。
で、我々の思いを珈琲にこめてブレンド&焙煎して頂けるのが、畠山さんという男性です。
メディア露出をするとか、派手に名を売るタイプの方ではないためあまり名前が通っている方ではありませんが、業界的には相当な実績をお持ちの方です。
なので、こんな個人店でオリジナルを作ってもらえるとは思わず本当に幸せ者だなーと思っております。
ブレンドは2種類作ります。「さっぱり」と「しっかり」。ハンドドリップで淹れます。

そ、そんなコダワリのプロジェクトの中で、リスタンプ工房のスタンプを選んでくださったということがびっくりです!!
本当に幸せ者は、きっとぼくのほう。

紅緒珈琲ロゴスタンプ1

紅緒珈琲ロゴスタンプ2

というわけで、気合入れて作りました。ちょっとしたハプニングも有りましたが、とても良い仕上がりになりました。

ーーーーーーーー
ぼくは可能な範囲で、できるだけクライアントさんの表現しているものやその発注に係るバックボーンを識るようにしています。
発注を受けたはんこに、少しでもクライアントさんの想いみたいなものを反映できればと思って。

とはいえ諸事情あり、今回は全部彫った最後に情報を仕入れる事になりました。
mayedaさんのショップのプロジェクトも書かれているマガジン「よろづ編集ライターの日々」を購入したら盛大なツッコミをもらいました(笑)

個人的なことが書いていたりするので、もうこれ以上読者が増えなくても良いように高い値段に設定していたのだと。

なんと、知りませんでした(笑)でもいいんです、新規ショップの開店御祝いも兼ねているんですから!

クライアントさんの提示していただいたデザインをそのまま彫る…とはいえやはりこちらも人間、相手との関係性が印面にでないと言ったら嘘になります。
クライアントさんはどういう人なのか、どういうところではんこを使うのか…など読み解きたいし
そもそもこのマガジンは、mayedaさんが新しくはじめるショップのことについて書かれているなら必読と思ったのです!

紅緒珈琲ロゴスタンプ3

とまあ、読ませていただいたのですが、本当に紆余曲折あるとはこのこと。
物件選びから、予算関係で抜本的見直しの話、ウェブページやもろもろのソフト関係の話…
いやほんと大変でしたね…と一言で言っていいのでしょうか。現在進行形で大変ながらも楽しく、オープンまでの準備をされている様子を読むことがました。

というか、ぼくが読んでないこと前提の場所で褒められているのって恥ずかしく、でもとても嬉しかったです!

あらためて、このプロジェクトに関わらせていただけて、本当によかった。
「紅月」。東京に行く時には、かならず遊びに行きますっ!

ーーーーーーーー
そしていま。

メールのやり取りの引用

おもてびと
リスタンプ工房を立ち上げて、「ショップ」がオフィシャルに使ってくださるスタンプの発注は初めてだったので、別記事をあげてそこでURLつきで紹介させてください!

mayedaさん
リスタンプ工房さんのサイトで、そんな特別扱いしてもらえるなんてー!!
なんだかすみません…無理を言ってしまって、、
もうね、それなら(いやそれならって事もないんですがw)
店のロゴのはんこも作ってもらってもいいですか?(私欲)

えーー!いいんですか!お店のロゴ自体の追加発注!

なんとお箸袋に捺してくださる予定とのこと。

これは嬉しいです。いま注文立て込んでいますので、しばらくお待ち下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました